『Armajet』プレイした感想 無料で遊べる2D対戦シューター スマホでもPCでも遊べる!

ゲーム

プラットフォーム:Steam、IOS、Android

『Armajet』は無料で遊べる4vs4の2D対戦シューター。

steam、IOS、androidで遊べる、ということはほとんどの人がダウンロードできるので、気になる人はちょっと遊んでみて。シンプルで面白いよ。

2Dの4vs4のシューターというあまり無いジャンルのゲームだが、イメージ的にはコールオブデューティーなどのFPSを2Dやるというのが近いかもしれない。

『Armajet』ではプレイヤーキャラは背中に背負ったジェットパックで上下左右に飛び回ることが出来るので、2Dだからと言って動きが小さいというわけではなく、うまく操作すれば自由に飛び回れる。

このジェットパックの操作がキモで、ジェットパックで空を飛ぶとかなり慣性がかかるので、相手からすれば予測撃ちがしやすい。そのため空中で動き回るにしても、素直にまっすぐ動いていると一瞬でハチの巣にされるので、予測されにくい軌道で動く必要があるのだが、ジェットパックは無限に使えるわけではなく、ブーストゲージが切れると落下してしまうため、こまめに着地してゲージを回復する必要がある。この細かな駆け引きには、3DのFPSとは違う面白さがある。

武器は銃とグレネードなどのセカンダリ、そしてアルティメットいわゆるウルトがある。このゲームは銃の弾速がFPSのように早くないので、必然的に予測撃ちすることになるのだが、ジェットパックを用いた軌道を読んで、予測して攻撃するのがとても面白い。上手く予測して遠くから相手を倒せた時は、結構気持ちいい。

武器はアサルトライフル、ショットガン、スナイパーライフルが初期装備で、他の武器はアンロックしていく必要がある。このアンロックは設計図を集めたり、他の何かを集めたりして開放していくことになるようだが、かなり時間がかかりそうな印象を受けた。課金なしで遊ぶならば気長にプレイする必要があるだろう。

この画面を見てピンとくる人も多いだろう

プレイヤーキャラクターもアンロック要素としてあるのだが、なんせ時間がかかるので一人もアンロックできていないため、各キャラに性能差があるのかどうかはわからない。

各種アンロックを開放するために、ゲームをプレイしてパックというものを開けて報酬を得ていくのだが、これはフォートナイトとかPUBGのような感じで、最近流行りの形式なのでスマホでシューターをプレイする人や、フォートナイトプレイヤーなどはとっつきやすいだろう。

対戦して報酬を得てまた対戦、というループは好きな人には刺さる内容だと思うので、気になった人はプレイしてみよう。

なんせ無料だから。