『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』あまり使われてなさそうだが強い義手忍具紹介

SEKIRO

SEKIROには様々な義手忍具が存在しており、どれもとても個性的な性能をしている。

ボスの弱点になっていることも多いので積極的に使うと難しいSEKIROもある程度何度を下げることができる。

しかし中には手に入るタイミングが中盤以降だったり、どう使えばいいかわからないものがある。僕も一週目ではあまり使っていない義手忍具が多かったのだが、2週目に入って使ってみると戦いがめちゃくちゃ楽になるものがあったのでここで紹介したい。

スポンサーリンク

神隠し

物語の中盤で手に入る「神隠し」は他の忍具と比べると暴力的な雰囲気が無いので、いまいちどう使えばいいのかわかりずらい忍具だと思う。

しかしこの忍具、ザコ戦では無類の強さを発揮する。

神隠しは一回使うと隻狼の周りに風が集まり、その状態でもう一度使うと隻狼の周囲に風を飛ばすことができる。この風を敵に当てると、敵は背後を向くのでその隙に忍殺を決められる。

しかも敵に気付かれている状態でも隻狼を見失わせることができるので、すこし強めのザコとの戦いになった時に神隠しを使うと全くリスクなく一撃で倒すことができる。

敵が背後を向くというのが重要で、後半に習得する忍殺忍術と組み合わせるとまるで戦国無双のように複数の敵を一気に倒す技を使うことも可能だ。

見た目に反してかなり汎用性の高い義手忍具になっている。

錆丸

隻狼の刀を使った攻撃はそんなに素早く攻撃できるわけではないが「錆丸」を使えば超高速で攻撃を加えることができる。

ただ他の忍具と比べるとただ素早く攻撃するのみなので、錆丸を使うぐらいなら火吹き筒や手裏剣などの特殊な行動がとれるものを使ってしまいがちだ。

しかしこの錆丸は人型の敵には鬼のように強い忍具なのだ。それもザコに効果があるというよりは、中ボスやボスに大きな効果がある。

中ボスは”危”を使ってくる強敵だが、錆丸を用いたラッシュ攻撃は早すぎて「危」の文字が出た瞬間には中ボスにこちらの攻撃が当たり「危」攻撃をつぶすことができる。しかも体幹ゲージをガリガリ削ることができるので、いつの間にか敵の体幹は崩れ忍殺できるようになっている。

攻撃にひるまないボスには効果が薄いがひるむボスには効果があるので、今詰まっているボスが人型だったりひるむタイプだったら、ためしに一度錆丸を使ってみてほしい。意外とあっさり倒せるかもしれない。

仕込み傘

この忍具は結構使われているような気もするが、あまりにも強いので紹介せずにはいられない。

「仕込み傘」は守備的な忍具で、敵の攻撃を鉄の傘で弾くことができる。タイミングも普通に刀で弾くよりも大幅に簡単になるのでボスに苦戦したらとりあえず使ってみよう。

特に連続攻撃を繰り出してくるボスに非常に有効だ。仕込み傘を一段階強化すると「仕込み傘・磁鉄軸」になり、傘を開いた状態で防御ボタンを押すことで弾きを行うことができるようになる。ボスの連続攻撃が始まる瞬間に傘を開きひたすら防御ボタンを連打すれば完封することができ、一部のボスは本当にザコと化す。居合のおっちゃんのことを言っている。

詰まってたらとにかくいろいろ試してみよう

義手忍具を使えばSEKIROのアクションゲームとしての難しさを和らげることができるので、勝てない敵が現れたらとにかくいろいろ試してみよう。

苦戦したボスも今まで使っていなかった義手忍具であっさりと倒せるかもしれない。

特に仕込み傘と錆丸で打開できるボスや状況は多いのでおすすめ。