『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』ストーリートレーラーの感想 フロムらしい超美麗ムービーで描かれる幼き狼とデカいおっさんの出会い

SEKIRO

発売日:3月22日

プラットフォーム:PS4、XONE、PC

SEKIRO発売まであと41日

遂に公式から新たな映像が公開された。

内容は所謂シネマティックトレーラーでありゲームプレイ映像は無かったものの、今までのフロムゲーよりもストーリーが重要になることが読み取れるものになっていた。

スポンサーリンク

感想

とにかくフロムはプリレンダが鬼

フロムソフトウェアのゲームはプレイ中にプリレンダのムービーが入ることが少ないが、数少ないプリレンダムービーのクオリティはいつもハイクオリティ過ぎて、よく「また実写だよ」とネタにされるほどだ。今回のムービーは流石に実写と見まがうほどではないが、海外のゲームのプリレンダムービーに匹敵するクオリティだと感じた。

激シブのおっさんとの出会いを描く

SEKIROはストーリーがソウルシリーズよりもわかりやすいものになることは以前から言われていたが、今回のムービーはそれを象徴するものになっていた。

ムービーの内容は戦国末期の戦場での凄惨な戦いと、幼い主人公が身長が高く声が低い非常にシブいおっさんと出会うシーンが描かれた。

このおっさんは死ぬオーラがビンビンで非常にカッコイイキャラになっていた。髪の毛が地面に付くほど長く身長は2mに迫るほどの巨体に、自らの身長に匹敵するほどの大刀を持ち強キャラの雰囲気を纏っている。

主人公は戦場で死体から武器を漁っていたようだ。売って生活費にするのか自分が使うのか・・・。いずれにしろ放っておくと確実な死が待っていただろう。そこで主人公はおっさんと出会う。

おっさんにいきなり顔面をちょっと切られても動じず、向けられた刃を掴む主人公を見たおっさんは主人公を気に入り忍びとして育て上げたようだ。ムービーの最後には成長した主人公の姿があった。

このムービーで熱い点はおっさんが”野良犬”と侮った主人公が根性を見せ”飢えた狼”と呼び方を変える所だと思う。1分半の短いムービーでこの二人の関係性がよくわかる。結構ベタな設定ではあるがフロム特有のセリフ回しはかっこよく、まさにこれをケレン味というのだろう。

本編ではこのおっさんがどのような活躍を見せるのか。そしてどのように死ぬのか・・・。

みんな発売日まで頑張って生きようぜ!!