【ドラゴンボール超 ブロリー】戦闘が長くて作画良いそしてチライがかわいい=神と神 全編ブロリーの修行だった?【感想・評価 良作】

映画

画像出典:公式動画

ブロリー見ました!

戦ってたわー。もうひたすら戦ってた。最高。

やっぱバトルアニメの映画化は戦ってこそなんすわー、マジでよかった。

ということで、ここがよかったってところを紹介します。

ネタバレ有りなのでお気をつけて!!

スポンサーリンク

最近のドラゴンボールの映画で断トツ面白い 断トツ面白い

断トツ面白いです。

ドラゴンボールは長い期間を開けて、復活し「神と神」、「復活のF」と続きましたが、正直レベルが違いました。

くっっっっっっっっそ面白い。

戦闘が長くて、作画がいい

まず前2作と比べて戦闘が長い。これだけでいいです。本当に。

前半ブロリーの生い立ちや、惑星ベジータの運命などが説明され、地球にフリーザとブロリーが来てからは、ずっと戦います。

そして作画がずっと良い。

ずーーっと作画がいいので、それが普通なんじゃないかって感覚になるぐらいでした。

CGも随所に散りばめられていて、作画では厳しいシーンなどの描写に役立っていた印象です。

最近のアニメの、CGとアニメ部分の切り替わりの自然さは本当にすごくて、ドラゴンボールでもかなり有効に働いていました。

戦闘の内容もいい ブロリーの修行だったのでは?

戦闘の流れは

まずベジータが戦って、次悟空、いったん逃げてその間フリーザが時間稼ぎ、その間にフュージョンの練習をして、1時間半フリーザが粘って、ゴジータ爆誕って感じです。

ベジータの戦闘ではスーパーサイヤ人にすらなれないブロリーを圧倒するかっこいいベジータが見られます。「もうだめだぁ、おしまいだぁ」とか言いません。

ブロリーはすぐに成長するのでそれに合わせてサイヤ人→ゴッド→ゴッドサイヤ人とだんだんレベルを上げていく様がブロリーの修行のように見えました。

スーパーサイヤ人にならない状態でゴッドのベジータを圧倒するブロリーにワクワクが止められず、戦いを挑む悟空。

「そろそろオラとやろうぜ」

このセリフがめちゃくちゃかっこいい。悟空という人間がどういうやつなのかがよくわかります。

戦闘も中盤に差し掛かるとフリーザはブロリーの父親であるパラガスを殺し、ブロリーの覚醒を促します。

そして生まれる伝説のスーパーサイヤ人。今作では伝説というよりただ強い奴って感じですかね。

ここからブロリー強すぎ祭りが開幕。

フリーザがめっちゃ頑張る 1時間半ボコられる

怒りに身を任せ覚醒するブロリーに悟空とベジータ二人がかりでも歯が立たないので、いったん逃げてピッコロにフュージョンを教わるのですが、その間フリーザがずっと戦っています。

悟空たちも悟天たちと同じくフュージョンを失敗します。1回失敗するごとに30分時間がかかるのですが確か3回失敗します。

その間フリーザボコられてます。

自分で蒔いた種なのでかわいそうではないのですが、面白いシーンでした。

というかあのブロリーに1時間半死なずに保つフリーザ強すぎじゃない?

そして始まるゴジータ無双

そしてフュージョンが成功し、ゴジータになり駆け付けます。

ゴジータ強すぎてブロリー全く歯が立ちません。

ブロリーボコボコでした。

この時の作画は素晴らしく、ゴジータの強さかっこよさを存分に味わえました。

ゴジータ押しがすごかったです。

子供であれ見たらもうだめでしょ。グッズほしくなるでしょ。

終始圧倒して終わりましたね。

ここはもうちょいブロリーに頑張ってほしいと思った人もいるかと思いますが、おそらく次回作があるので、ここはゴジータに花を持たせたんじゃないですかね。

最後はブロリーが殺されそうな瞬間に、チライという超絶かわいいキャラがドラゴンボールを使って逃がして終わります。

チライが超絶かわいい

今回の映画でブロリーを救うことになるチライというキャラですが、かわいいです。

そしてエロい。

スーツ伸ばしてパチンはいるのか?エロすぎない?ありがとうございます。

子供にもいい影響がありそうですね。

鳥山明が描く女キャラはかわいいですわ、マルティナとかマルティナとか。

このキャラは今後も出るっぽい終わり方だったので、今後に期待しています。

バトルアニメの映画化として最高 良作

とにかく戦いまくりで、子供も大人も単純に楽しめる素晴らしい作品でした。

次のドラゴンボールもこれ以上に闘いまくってくれれば、言うことはないです。

そしてチライの可愛さ。これによりさらに「ブロリー」の評価は爆上がりでした。主に僕の。

ドラゴンボールファイターズにもこのブロリーが出てくれることを期待しています!