『リトルタウンヒーロー』ポケモンのゲーフリが開発したRPG カードゲームのような戦闘が面白そう!【期待作】音楽はトビーフォックスも参加してるよ

ゲーム

発売日:10月17日

プラットフォーム:Switch

「ポケットモンスター」で有名なゲームフリーク開発の『リトルタウンヒーロー』は、ゲーフリが定期的に開発している「ポケモンじゃない」ゲームの一つで、過去にソリティアと競馬を組み合わせたシステムで中毒性の高い「ソリティ馬」や、物理演算を用いた2Dアクション&パズルの「ギガレッカー」などがあるが、どちらも高い評価を受けている。

今回の「リトルタウンヒーロー」は「ソリティ馬」の田谷さんがディレクターとして参加しているので、ゲームプレイの面白さは保証されたも同然だ。

スポンサーリンク

カードゲームのようなシステムが特徴的なバトル

ソリティ馬はソリティアを上手くプレイすることで馬が早く走れるようになる、という変わったシステムだがこれがめちゃくちゃ面白くて、当時かなりハマってプレイしていたことを覚えている。

リトルタウンヒーローでもソリティ馬ほど直接的ではないものの、カードゲームの要素がかなり濃い。「ハースストーン」や「シャドウバース」をプレイしている人なら、戦闘の画面を見ただけでピンとくるのではないだろうか。

毎ターン5つの「アイデア」が浮かび上がり、アイデアをマナコストのような「気力」で「ガチット」という状態にして、相手のアイデアとぶつけ合い数値を競う。アイデアの耐久力が相手のアイデアを上回っていれば、アイデアを次のターンに持ち越すことができ、相手のアイデアをすべて破壊することで、ライフにダメージを与えることができる。

・・・文字の説明だとわかりにくいと思うので公式のプレイ動画見てください。面白いやつですよこれ。

音楽にトビーフォックスが参加している

リトルタウンヒーローは音楽もスゴイ。トビーフォックスが参加しちゃってる。

これはヤバい。

「アンダーテール」で世界に衝撃を与えた、天才ゲームクリエイターであるトビーフォックスはゲーム部分だけでなく、音楽も自分で作ることで有名だが、このように他社のゲームに参加することはかなり大きい。彼が音楽を担当しているというだけで、そのゲームを買う理由になるほどの人気があり、実際アンダーテールの曲は本当に最高だった。

リトルタウンヒーローに参加したという事は、今後他のゲームにもトビーフォックスが参加する可能性がある、ということでトビーフォックスの次の動きにも期待できる。デルタルーンもあるしね。

ソリティ馬ファンはもちろん、ハースストーンやシャドウバースのファンならすんなり入って行けるゲームになっていそうだ。ゲームの「遊び」の部分を重視するゲーマーなら注目しておいて損はないだろう。