【マスカレード・ホテル】キムタクの格好良さ、長澤まさみの可愛さを豪華キャストが引き立てる【後半ネタバレ有り感想】

映画

画像出典:公式動画

公開日:2019年1月18日

東野圭吾原作のミステリー小説の映画化です。

木村拓哉長澤まさみによるバディがホテルを舞台に事件を追います。

今まで見てきた邦画にはずれがなかったので、今回も大きな期待を胸に鑑賞してきました。

スポンサーリンク

あらすじ

東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化し、木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。都内で3件の殺人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。ヒロインとなるホテルマンの尚美役に長澤まさみ。「HERO」シリーズの鈴木雅之がメガホンをとり、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が脚本を担当。

映画.comより引用)

ざっくり感想(ネタバレないのでご安心を)

キムタクがとにかくカッコイイ!!

長澤まさみが可愛い!!

これが鑑賞後思ったことです。

特にキムタク歩き方が素晴らしい。

姿勢のいいキレイな歩き方でした。

映画館の帰り道はキムタクを意識して、背筋を伸ばして歩いてしまいました。

個人的には最初から最後まで飽きることなく楽しめました。

豪華キャストがホテルの厄介な”お客様”として次々に登場し、新田(木村拓哉)と山岸(長澤まさみ)を困らせます。

最初は嫌々潜入捜査を行っていた新田ですが、山岸のお客様に対するホテルのスタッフとしての真摯な姿勢を見て徐々に互いを認め合っていき二人は真の相棒同士となります。

ドラマ「HERO」のファンやフジテレビのドラマが好きな方にお勧めできる映画です。

以降ネタバレ有りの感想です!ご注意ください

キムタクを楽しめるシーンがたくさんあるぞ!

オープニングのシーンはとても好き

この映画の個人的なピークがオープニングです。

キムタク演じる新田がホテルのフロントに現れ、そこに長澤まさみが登場し、二人の間にタイトルが流れるのですが、相当かっこいいです。

ここで僕は”これは当たりかもしれん”と思うほどの強い印象を受けました。

ロン毛で無精ひげのキムタクは劇中最もかっこいい。46歳でこの美貌を保っていることに恐ろしさすら感じました。

このイケメンフェイスにはお手上げ

ピンチのヒロインを助けるキムタクはかっこいいのだ

ホテルのフロントになりきるために序盤でキムタクは短髪になります。これはこれでかっこいい。

個人的にはロン毛の方が好きです。

そして様々なお客様が登場するのですが、クレーマーがたくさん登場します。

クレーマーにも誠実な対応をする長澤まさみはたびたびピンチに陥ります。ラスト以外は杞憂に終わりますが。

そこに駆け付けるキムタクを毎回かっこよく描いています。

嫌々潜入捜査を行っていたキムタクもヒロインのピンチとあらばダッシュで駆け付けるのです。

奇想天外なトリック・・・?

上の方で僕はずっと飽きなかったといいましたが本当に飽きなかったのです。

「これは何かが起きるぞー」とずっと思っていられるような作りになっていたと思います。

キムタクは長澤まさみや小日向文世がポロっと不意に言った言葉で、何かに気付き事件の真相に徐々に迫っていきます。四回ぐらいあります。

でも最後はあっさり風味で終わります。

飽きなかったのですが、最後に何もなかったのであれって感じでした。

特にないです。奇想天外なトリック。

結局連続殺人の犯人は松たか子が演じる片桐という女性です。ターゲットは山岸(長澤まさみ)。

片桐は2回ホテルに訪れます。1回目でいい人の振りをして、2回目で殺すって作戦です。

割と真っ向勝負で殺しに来たのでびっくりしました。

山岸が殺されそうなところを新田が助けて片桐を逮捕、一件落着です。

今までいろんな謎を解いたり小日向文世が名古屋まで行って調査したりしましたが、最後は現行犯で逮捕したので「調査とかあんまり意味なかったのでは・・・?」という印象を受けてしまい、結構がっかりしてしまいました。

しかしこれは僕の見方が間違っていただけだと思っています。

そもそも豪華な俳優とキムタクと長澤まさみを楽しむ映画

この映画は邦画の中でもかなり多くの有名俳優が出演しています。

特に前田敦子と勝地涼の共演や、木村拓哉と松たか子の共演などキャストの関係性を狙っているキャスティングになっています。

先ほど僕はトリックがどうとか的外れなことを言っていましたが、楽しみ方が違います。

キムタクのかっこよさ、長澤まさみの可愛さ、松たか子、前田敦子!

トリックなどはこれらを彩る要素にすぎません。

このような本質の部分を楽しめる方にはかなりおすすめできる作品です!

僕はキムタクのかっこよさと長澤まさみの可愛さを存分に楽しめたので、OKです!

OK!OK!

面白くない映画ではないので興味ある方は見てみてもいいんじゃないでしょうか。