『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』本当に何も変わっていなかった。長さを感じてしまった。【感想・評価】

映画

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は20年前に公開された初代ポケモン映画「ミュウツーの逆襲」のリメイク作品で、当時小学生でリアルタイムで見た僕としては見ないわけにはいかない作品だった。

20年前「ミュウツーの逆襲」で描かれた「ミュウツー」というポケモンはおきて破りだらけで、人は殺すしポケモンは捕まえる。デザインも明らかに異なっていて、気持ち悪さとカッコよさが融合したような見た目はめちゃくちゃカッコいい。個人的には最も好きなポケモンがミュウツーだ。

リメイクされてもミュウツーのカッコよさは変わっていなかったし、声優も原作と同じ俳優を起用しているので声もシブい。あの頃のままのミュウツーが帰ってきたのだ。

・・・映画の内容までそっくりそのまま帰ってこなくてもいいのでは?

スポンサーリンク

CGになったポケモンはとてもかわいい

今作はフルCGアニメになっているが問題ない。ポケモンたちはとてもかわいい。

ポケモントレーナーであるサトシ、カスミ、タケシやジョーイさんなどもCGだが特に違和感もなく、十分に懐かしさを感じられるものになっていた。

特に好きなのはロケット団で、彼らはとても賑やかに映画を盛り上げてくれた。何ならポケモンの見せ場であるバトルシーンより、ロケット団が歌ったり踊ったりするシーンの方が気合が入っているようにも見えた。

オープニングは最高

物語の冒頭は高い知性と狂気と強さを併せ持つ最強のポケモン「ミュウツー」の誕生と、人間への”逆襲”宣言から始まるのだが、これからの物語への期待感が高まるような内容で非常によくできている。

ミュウツーというポケモンがいかに”ヤバい”のかを分かりやすく、テンポよく表現していた。

この映画の主役であるミュウツーは威圧感があり、サイコキネシスで大きな物体を圧壊させるシーンは彼の強さと凶暴性がよく表れていた。

スローモーションなどを使用したとてもスタイリッシュなシーンもあって、リメイクで強化された映画なんだということを実感させられるようだった。

バトルシーンは寂しい

とてもかっこよかったオープニングシーンから一転、本編でのポケモントレーナーたちのバトルは見ていて何も思わないようなシンプルなものになってしまっており、テレビアニメ版のポケモンの方がよく動くし派手だと断言できる。

今作での最強ポケモンであるミュウツーとミュウの戦いは、基本的にぶつかり合っているだけで特に何も起こらない。

リメイクである今作は、どのような展開になるかが観客にバレているので、観客に驚きを与えるとすれば原作では不可能だったようなバトルシーン、もしくは原作にはない展開をすることだが、バトルシーンで驚きを与えることはできていなかった。

”長さ”が目についてしまう

この映画は一つ一つのシーンが死ぬほど長い。本当に死ぬかと思った。

ミュウツーがポケモンたちを念力やサイコキネシスで吹き飛ばすシーンを何度も繰り返したり、サトシはムツゴロウさんのように何度も何度も何度も何度も、ことあるごとにポケモンたちと触れ合う。

ある敵を迎撃するために何度も同じことを同じ場所で繰り返すピカチュウが見られるが、本当に長すぎて時空が歪んだのかと感じるほどだった。

元々「ミュウツーの逆襲」は上映時間が75分なのだが、今回の「EVOLUTION」は98分なので20分ほど長いが、映画の内容に追加要素はほぼ無いため、一つ一つのシーンが長くなるのも無理はない。

原作の良さを崩さないように内容を変更しなかったのかもしれないが、同じ内容を20分引き延ばすとこんなに退屈になるのかと驚いた。映画を見てここまで退屈を感じることは珍しい。

まとめ

・オープニングシーンはミュウツーの悲しみや強さを表現していて、とてもカッコイイ。

・CGのポケモンたちはとても可愛いし、ミュウツーもイメージ通りのカッコよさ。懐かしさも十分に感じられる。

・バトルシーンでは本当に何も起きず、意外性は無い。

・一つ一つのシーンが長い。サトシとポケモンたちが抱き合う姿が何度も見られるよ。

・内容に変化はほぼ無し。

名作「ミュウツーの逆襲」のリメイクは特に何も起こらない退屈なものになっていた。去年の「みんなの物語」はとても面白かったので来年の新作、期待してます!!