『龍が如く7』のコマンドバトルに期待! 龍の最大の欠点「戦闘」にメスが入る!

ゲーム

発売日:2020年1月16日

先日龍が如く7の発表があり、その中で戦闘がコマンドRPGになるという発表がありました。今年のエイプリルフールに公開された映像が現実になりました。ドラクエみてぇにさ・・・!

龍が如くの戦闘はシンプル

個人的にはこのコマンド式の戦闘にとても期待しています。というのも龍が如くシリーズはほぼ遊んでいて先が気になるストーリーや、豊富すぎるサブイベントなど楽しい部分も多いのですが、戦闘に関しては1作目からほぼ変わっておらず”面白い!”と堂々と言えるものではありませんでした。

まあそもそも龍が如くは戦闘に期待するゲームではないとは思いますが、とにかくゲームの戦闘が好きな僕としては是非変わってほしいと思っていた部分だったので、大きく変化することには好意的な印象しかありません。

龍の戦闘に関して僕が感じている短所としては、シンプルすぎることと、敵のバリエーションの少なさがあると思っています。

シンプルさは普段ゲームをしない人が快適に遊ぶためにあえてやっている部分であり、仕方ない部分だと思いますし、敵のバリエーションも龍は敵が人間なのでそこまで変な敵を出すこともできません。しかしこの二つの要素が合わさることで、絶妙にイマイチな印象の戦闘になってしまっていると感じています。

コマンドRPGになることへの期待

しかしコマンドになればすべてが変わります。

戦闘がシンプルとか敵のバリエーションが少ないとか全く関係ないです。なんせRPGになるんですからね。僕が大好きな、というか日本人が大好きなドラクエみたいな戦闘が龍で出来ることはとてもうれしいですよ。龍7の主人公は仲間を集めて戦うっぽいので、テーマとともあっていますし、現代の町中を歩き回ってしかも戦闘までできるなんて最高ですよ。セガにはペルソナ5でおなじみアトラスが付いているので、最高のJRPGが作れるアトラスとも連携して楽しいコマンドバトルを作ってくれると、とてもうれしいです。

今は戦闘の詳細やそれ以外の部分についても詳細な情報は無いので、期待することしかできませんが、今後の情報次第では龍が如くで初めて、戦闘を楽しめる龍になるかもしれません。